FC2ブログ

フジ工務のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

かっとび伊吹

 みなさんこんにちは 藤田です。ゴールデンウィーク明けから着工していましたリフォーム工事が完了しました。工事範囲が、洗面所、浴室、便所、勝手口と水廻り中心で、工事期間中はトイレやお風呂が仮設しか使えなくなり、お客様にご迷惑が掛かるので、なるべく詰めた工程を組みましたが、無理、無駄なく工程通り順調に進み、ちょうど1ヶ月で完了しました。

P1040650_convert_20130611165507.jpg
 洗面台の横の壁はキッチンパネルです。水が飛んでも拭き取れますので、長くきれいに使って頂けます。その他はクロスですが、小さいお子さんがおられるので汚れ防止、キズ付き防止のクロスを貼っています。

P1040653_convert_20130612164318.jpg
 洗面所には建具と同材の木製戸の埋め込みの収納があります。タオルや着替えを入れて置くのに便利です。

P1040656_convert_20130611165854.jpg
 洗濯カゴ置きの棚です。折り畳み式なので使わない時は畳んでおけば邪魔になりません。埋め込み収納もそうですが家具はすべて川﨑家具さんにお願いしています。仕事がきれいなのはもちろんですが、家具とその周辺の取り合いや納まりをよく理解して仕事をして下さるので助かります。いつもありがとうございます。 

P1040647_convert_20130611170301.jpg
 トイレはシンプルで掃除のしやすいタンクレストイレと既製品の手洗いを使用しています。

P1040671_convert_20130611170338.jpg
 トイレにも洗面所と同じく埋め込み収納があります。収納と建具の間には小壁など作らずに入隅でピッタリくっついています。収納も目一杯大きく取れていますし、見た目もスッキリしてきれいです。こういった納まりは、工事が始まる前に施工図の上でどうしようか考えます。

P1040665_convert_20130611170606.jpg
 外部もきっちり仕上りました。


 さて私の方はというと、友人と2人でかっとび伊吹に出場することに決めて申し込みも済ませてきました。この大会は米原市が主催で真夏の8月に伊吹山を頂上まで走って登ろうという過酷なレースです。距離は10キロですが高低差が1,200mもあり、当たり前ですが、ずっと登りみたいです。地元でこの大会があるのは知ってましたが今回が初参加で、どれぐらいの過酷さか想像もつきません。
 以前から友人と、30代も半ばを過ぎて体力の衰えが出てきたから何か運動始めたいなと言うばかりで、何も始めずにズルズル過ぎていたところに米原市のホームページでこの大会の参加者募集の広告をみてこれだと思い出場することに決めました。もともと運動は苦手ではなく、中学生のころは野球部でしたが、貸出陸上部ということで駅伝に出場したり、高校生のころは球技のハンドボールですが、今から思えばありえないくらい鍛えられていましたので、インターハイや選抜にも出場していました。ですがそれらは20年以上前の過去の栄光で、いまでは体力は当時の半分にも満たないですし、体重も2割増しです。自分でも情けなくなってしまいます。

P1040675_convert_20130611170635.jpg
 この大会出場を機会に体力作りを始めています。高校生のころのようにとはいきませんが、少しでも近づけるようにしたいと思います。地元は山に囲まれていますのでトレーニングの場所には困りませんので、あとはやる気の問題です。

PageTop

ハイキング

 こんにちは 藤田です。今日は区の行事で自由参加のハイキングがありましたので、子供たち3人といっしょに参加しました。コースは上丹生から旧息郷小学校までの片道4キロほどです。
 始めは子供3人仲良く手をつないで、大人のみなさんに付いて歩いていましたが、1キロ過ぎた辺りから次女(5才)が、友達と一緒に最後尾を道草しながらフラフラしだしました。私が「はよあるきー」といっても友達とのおしゃべりで聞く耳もたずです。娘のスローペースに付き合って下さった役員さんありがとうございました。

P1040639_convert_20130527145040.jpg
 上の写真は長女(6才)と長男(3才)です。始めは木の枝を振り回して走ったりしていた長男ですが、1.5キロを過ぎた辺りで電池切れ。予想はしていましたがまさかこんなに早いとは。誰に似たのかガンコな息子は「もうあるかん」と言い切っているし、残り半分以上、私は息子(14キロ)をだっこして歩きました。ただでさえ暑い日に、なかなかハードなハイキングでした。長女は終盤無口になりましたが、一人で歩ききりました。さすが1年生といった感じです。やっとの思いで目的地に到着すると、そこには最後尾を手をつないで歩いていた次女と友達が一緒に遊んでいました。あまりのスローペースを見かねた役員さんが車で送ってくれたそうです。なかなかちゃっかりしています。




 工事の方はリフォームが着々と進んでいます。ゴールデンウィーク明けから着工した工事ですが、最初の1週目は 解体に3日、 既設便所 浴室の土間下の土出しに1日、 解体後の測量に1日です。工事前に測量をして施工図を書いていますが、解体してからもう一度測量して最新の施工図に反映します。施工図を書かない業者もあるようですが、フジ工務は必ず1/30ぐらいの施工図を書きます。お客様にイメージを説明するには、平面図(1/100)、パースなどが分り易くていいのですが、現場でミリ単位の仕事をするには施工図が必要になってきます。
 2週目は設備の埋設配管に2日、 電気の配線に1日、 土間下の差筋とワイヤーメッシュ 犬走りコンクリートの型枠に1日、内部土間コンクリート、犬走りコンクリート打設に1日、コンクリート養生に1日です。内部の土間コン打ちは私とアシストの社長と2人で打ちましたが、一輪車も入れず箕で打ちました。箕で生コンを2㎥打つのはかなりハードでした。
 3週目は土間上の配管に1日、大工さんに土台、大引き、壁、天井下地に3日、ユニットバスの据え付けに1日、配管立上げに1日です。今のところ1日も現場を明けることなく工程通りに進んでいます。

  
P1040618_convert_20130527145136.jpg
 上の写真は浴室のコンクリートブロック上の窓台と柱です。昔の浴室は柱にラスを貼って、モルタル塗りの上にタイル貼りというのが多かったようですが、サッシとタイルの取り合い部などから水が侵入して、写真のように腐ってしまいます。もちろん交換です。  

P1040632_convert_20130527145216.jpg
 上の写真は梁をジャッキで支え、腐った柱を撤去して新しい柱と防蟻処理した土台に交換したところです。ベテラン大工の直さんにいつも丁寧な仕事をしてもらってます。ありがとうございます。

 リフォームは工事範囲が限られていますので工事に入る職人さんが重ならないように工程を組みます。職人さんも仕事をしやすいですし、進みも早いです。フジ工務は遅くまで残業したり、休日出勤したり、人数を増やしすぎたりなどの力技の工事の進め方は、なるべくしません。一日一日、毎日の積み重ねで高品質の施工を心がけています。 

PageTop

霊山登山

 お久し振りです。フジ工務の藤田です。私は先日、霊山(りょうぜん)谷崩壊現場視察と言うことで、上丹生の区長、滋賀県、米原市の職員、消防署、警察の皆さんと米原市の東にある霊山に登ってきました。数年前から地元の上丹生を流れる川の上流の霊山の谷が崩壊し、川に砂利が流れ込んできて川底が上り、台風などの大雨で今までより早く氾濫してしまいます。毎年、川の浚渫工事をしても一度の大雨でまた元通りといった感じです。地元を悩ますこの問題の根元を見てみたいと思い皆さんとご一緒しました。

P1040575_convert_20130515143934.jpg
 上丹生の駐車場に集合です。総勢15名で崩落現場に向かいます。


P1040603_convert_20130515154929.jpg
 1時間程で崩落現場の一の谷に到着しました。この辺りはまだ標高も低く、山の麓からは見えない場所ですが、すごい量の砂利や石が堆積しています。おそらく何万㎥とあると思います。


P1040607_convert_20130515152125.jpg
 砂利の山を500mほど登った所です。この辺りからは麓からもくっきり見ることができます。深さ5m以上の崩落がこの先500mほど続いています。この先は雨が降ってなくても土砂崩れの危険があるため、今回はここまでにしました。
 今回、この崩落現場をみて愕然としました。上丹生の川の上流に砂防ダムをつくる計画があるようですが、今回見た量の砂利を止められるのか不安です。でも現状を知れたのはよかったと思います。


P1040592_convert_20130515163646.jpg
 崩落現場から、さらに30分ほど登ったところにこのうるしが滝があります。先ほどの自然の脅威とは反対に、癒される自然があります。この先1時間半ほどで頂上にいけますが、このルートは途中に土砂崩れや道がなくなっていたりとかなり危険ですので、醒井養鱒場から榑ヶ畑を通って山頂に向かうルートがおすすめです。 



P1040616_convert_20130515163219.jpg
 本業の工事の方はリフォーム工事の解体が終わったところで、これからが本番です。リフォームは資格もいらず、建築の知識がなかったり、裏付ける数値もなく経験だけだったりと、誰でもできます。その点、フジ工務のリフォームは技術的にも法律的にも、数値的にもレベルの違う細やかな工事を行います。今回はトイレ、ユニットバス、洗面所、勝手口のリフォームですが、解体工事を含めて300万円台前半で行っております。リフォームをお考えの方はぜひ(株)フジ工務 (フジ工務1級建築士事務所) へお問い合わせください。

 

PageTop

咲 ( しょう ) の家

 みなさんこんにちは フジ工務の藤田です。醒井小学校の完了検査も無事終わり、完了書類や竣工図なども完成し
やっと一息つける今日このごろです。今日は現場でなくフジ工務の紹介をしたいと思います。 

 フジ工務は、1級建築士と1級施工管理技士の技術者主体の総合建設業の工務店です。フジ工務は鉄骨造、鉄筋コンクリート造、木造などの店舗、工場、住宅、リフォーム、公共事業など、いろいろな建築物の施工をしています。

 社長は30年以上、長浜の県1号ランクの建設会社で、私は20代に、水口の県1号ランクの建設会社での現場管理の経験があり、分譲マンション、小学校、老人ホーム、病院、公民館、工場、下水処理場など、社長のほうがかなり数が多いですが、社長も私もそれぞれ、現場管理や設計に携わり、いろいろな建物を建築してきました。その経験のうえにフジ工務があります。

 例えば同じ図面で建物を建てても、管理を疎かにするような会社とは、全くレベルの違う建物を施工できます。現場管理に関して、フジ工務は妥協を許しません。フジ工務は建築に関して大変厳しいです。初めてフジ工務の仕事に関わる職人さんも、こんな厳しいことは言われた事がないと戸惑われることがよくありますが、これもすべて建物とお客様のためです。

 こんなフジ工務が手掛ける住宅が 【咲(しょう)の家】です。咲は本来、口元をほころばせて笑う意味を表しています。花の蕾がふくらむようにほほえみ、住む人々から笑顔があふれる家になるよう、数々の工夫の込められた家です。

 無垢の木材を多く取り入れ、1級建築士による洗練されたデザインと、採光、通風、動線を考え抜いています。特に動線は重ならないように生活しやすい動線と、リビングを中心に一家団欒の集う動線の両立を考えています。

 また動線の中心になるリビングが散らからないように、リビングの廻りの収納を多く設け、さらに玄関 から リビングに入る、勝手口 から リビングに入る という動線のほかに土間収納 から 収納を通ってリビングに入る 動線を考え、リビングに入る前に荷物を片付けるウォークスルーの収納を取り入れています。ウォークインでなくウォークスルーの収納という考えで動線の中に収納も取り込み、通り抜けられる収納です。

 このような無垢の木材と採光、通風、考え抜かれた動線の【咲の家】が 坪単価 45.5万円 (税抜)で施工させていただいております。40坪プランで、1800万円台(税抜)で建てさせていただきます。ご質問、資料請求などは、フリーダイヤル 0120-54-1855 までお問い合わせください。咲の家について、まだまだ紹介したいことがありますが、来月に新しくなるホームページで平面プランなどを詳しく紹介したいと思います。今回は下記の【咲の家】のイメージパースだけを紹介させていただきます。

咲の家ブログ

PageTop

河南小学校

 こんにちは 藤田です。醒井小学校の工事が事故もなく無事にほぼ完了です。あとは写真や書類整理をしっかりして完了検査を受けるのみです。工事中は気をつけてはいるものの、多少の騒音や教室が使えないなどで児童のみなさんや先生方にはご迷惑をおかけしまして申し訳ありませんでした。特に教頭先生には工事が授業の妨げにならないようにいろいろ調整していただきありがとうございました。
P1040477_convert_20130328112835.jpg放課後児童クラブ 畳が敷かれ完成です。照明も増えて明るくなりました。今回の電気設備工事は北川電設さんにお願いしました。この工事は電気設備工事の締める割合が多く、北川電設さんは、2人でほぼ毎日来ていただきました。おかげで遅れることなく工事が進められました。ありがとうございます。

P1040480_convert_20130328113024.jpgもともと用務員室で4部屋あったものが1部屋になったのでかなり広々しました。

P1040445_convert_20130328113111.jpgプレイルーム 床、壁がきれいになったので部屋が明るくなりました。天吊エアコンと配管ラッキングもきれいに設置されました。

P1040483_convert_20130328130334.jpg
外部は3階のプレイルームからステンレスのラッキングが伸びています。このための外部足場でした。今回の空調設備工事は(株)山久さんにダイキンの製品でお願いしました。大型空調も手馴れており、日数の少ない中、きっちり施工していただきました。ありがとうございます。

P1040465_convert_20130328114023.jpg醒井小学校の卒業式も終わり、一文字幕も新設されて校章も河南小学校のものに変わりました。河南のKが鳥の形をしている校章のようです。

P1040456_convert_20130328114133.jpg 校歌も新しくなりました。右は河南小学校の校歌で、左が醒井小学校の校歌です。私も醒井小学校の卒業生ですので、こちらの校歌は今でも歌えます。中学や高校の校歌はまったく覚えていないのに、小学校の校歌はなぜか音階も覚えています。それだけ真剣に取り組んでいたのかもしれません。

P1040482_convert_20130328114207.jpg 1年生の教室もロッカーが新しくなり、照明も増え明るくなりました。私の娘も4月から河南小学校の1年生です。学校での生活を楽しんで勉強してくれればと思います。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。